夏祭りの出店でがっかり…失敗したゲーム・出し物【口コミ】

MENU

夏祭りの出店でがっかり…失敗したゲーム・出し物【口コミ】

夏祭りはその雰囲気もあってとてもテンションが上がります。
しかし、それも楽しいゲームや出し物があってのことです。
評判の良くなかったゲームや出し物についての口コミを集めてみました。

 

景品の少ないビンゴ

 

うちの町内会の夏祭りは毎年結構多くの人が集まるので、毎年楽しみにしていました。
そんな中、今年はビンゴをやると言うので張り切って参加しました。
何十人もの人が参加して雰囲気的には盛り上がっていましたし、ビンゴ自体は悪くないのですが、何と用意されていた景品が5つだけでした。
それぞれ結構豪華な景品だったのですが、何十人も参加しているのに景品がたった5つだなんて…。
すぐに景品はなくなってしまい、とても白けたムードになってしまいました。
予算の関係で仕方なかったらしいのですが、それならもっと単価を下げてたくさんの景品を用意するべきではないでしょうか。(女性・10代・学生)


 

事前準備が大切

 

私が行った夏祭りでは、綿菓子を自分で作ることができるという出店があるとチラシに書いてあったので娘と一緒に楽しみにして行きました。
メロン味やレモン味の綿菓子もできると言うので、私も珍しくて興味津々だったのです。
当日、その綿菓子屋さんの屋台はすごい人だかりで、娘と一緒に並んで待っていたのですが、一向に列が進みません。
どうしたのかと思って見ていると、なんでも機械がきちんと動かないのだそうです。
結局その機械が動くことはなく、娘と二人でただ疲れただけで帰ってきました。
機械などは事前に試運転をして、きちんと動くようにしておいてくれないと困りますよね。(女性・30代・主婦)


 

ややこしいゲーム

 

私が見た夏祭りでの失敗しているゲームは、ビンゴです。と言っても普通のビンゴではありません。
何でもお題に沿ってカードの中に自分で物の名前を書き、それでビンゴをするのだそうですが、ルールがややこしくてよく分かりませんでした。
子供もどうしていいのか分からず、つまらなそうにしていましたが、だんだん人も少なくなり盛り上がらないまま終わっていました。
お祭りのゲームは単純でわかりやすい方がいいですね。(男性・30代・会社員)


 

口コミをまとめると、

  • ゲーム・出し物の段取りが悪い
  • 景品に魅力がない

といった場合にやはり不満の声があがっているようです。
また、ゲーム内容に凝るあまり、わかりづらくなってしまうともったいないですね。
様々な年齢の多くの方が参加するわけですから、できるだけゲームのルールはシンプルにし、豪華景品など盛り上がる要素は押さえておきましょう。